おまとめはこちらがおすすめです

お金をまとめている写真

複数社から借りているのであればおまとめがおすすめです。まとめることで金利が安くなる可能性があります。お支払いもまとめて1日なる可能性があるので便利です。
おまとめローンを選ぶ場合、銀行や消費者金融など、様々な金融業者がありますから、どこの店舗で契約を進める方が良いのか、迷ってしまう人も多いとされています。
おまとめローンを選ぶ場合には、様々な金融業者を調べ、その金融業者がアピールしている商品の特長を調べてみると良いでしょう。
低金利を売りにしている場合もあれば、審査内容を売りにしているところもあります。契約の早さも売りにしている場合もありますし、借り入れ限度額が非常に多い設定という事を売りにしている金融業者もあります。
様々な金融業者の中から、自分にとって、一番プラスになると考えられるおまとめローンを選ぶ事が大切となります。現在の借り入れの負担を少しでも減らし、返済しやすい状態を作り出すために、おまとめローンを利用するわけですから、どのくらい、今よりの返済が楽になるのかを調べた上で、契約を進める事が大切です。
すでに返済困難に陥っており、少しでも早く、おまとめローンの契約を進めたいと考えるのであれば、消費者金融がお勧めとなりますし、借り入れ額が非常に膨らんでしまっている場合には、銀行の方が、借り入れ限度額を多くすることができます。銀行にしても、消費者金融にしても、金利が少しでも安い金融業者を選ぶ事は非常に大切ですし、少しでも完済までの返済回数が少ない方が、それだけ返済までの期間を短くすることができますから、そのような点も、比較対象として、検討すると良いでしょう。

オリックス銀行カードローン

オリックス銀行カードローンは1.7%〜17.8%と低金利なのが特徴。借入限度額も最高800万円とかなり高めになっています。銀行のカードローンですから総量規制の対象外です。
借入限度額が300万円以下であれば収入証明書が原則不要です。最短即日審査が可能で、申込時にオリックス銀行の口座がなくても申込み可能という点もうれしいですよね。また、ジャパンネット銀行の口座があれば、カードローンの借入や返済などが24時間取引可能でので、いつでも借入・返済が出来るというメリットがあります。

 

>オリックス銀行カードローンはこちら

実質年率

借入限度額

審査時間

1.7%〜17.8%

最高800万円

最短即日

 

 

みずほ銀行カードローン「コンフォートプラン」
みずほ銀行

 

みずほ銀行カードローンは消費者金融ではなく銀行カードローンなので金利も安いのが特徴です。金利も4.0%〜14.0%と低く設定されています。
ご利用限度額は最大1,000万円と、おまとめローンにもおすすめです!
最短即日利用が可能で24時間申込受付中。
限度額200万円までは収入証明不要です。
みずほ銀行の普通口座開設不要で利用可能です。

 

>みずほ銀行の公式サイトはこちら

実質年率

借入限度額

審査時間

4.0%〜14.0%

1,000万円

最短即日利用可能

 

千葉銀行カードローン

千葉銀行カードローンは、東京、千葉、埼玉、千葉、茨城、神奈川(一部除く)で借り入れができます。
専業主婦への融資ができない金融機関が多い中、配偶者の方に安定した収入があることが条件ですが、専業主婦の方もお金を借りることができます。
返済も月々2000円からOKなので無理のない返済が可能な銀行カードローンです。
即日融資も可能で、保証人も不要です。

 

>千葉銀行カードローンはこちら

金利

借入限度額

審査時間

年4.3%〜14.8%(変動金利)

最高500万円

最短即日融資可能

まとめローンの契約で必要な物とは

おまとめローンの契約をする際に必要な物としては、借り入れをするために必要となる、身分証明書や収入が証明できる書類の他に、借り入れをまとめたいと考えている金融業者の、借り入れを確認することができる書類が必要となります。
身分証明書として使用する事ができるのは、運転免許証等です。
借り入れは、50万円以下までであれば、ほとんどの金融業者で、収入証明書を必要としないのですが、おまとめローンを利用する場合、借り入れ額が50万円を超える人がほとんどとなりますから、収入を証明することができる、源泉徴収票や、確定申告書、給与明細書を2か月分など、用意しておかなければいけません。
借り入れを証明することができる物として用意するのは、借り入れをしている金融業者に、借り入れ明細などを発行してもらう事が必要となります。
必要書類を用意するまでに時間がかかってしまうと、おまとめローンの契約を進めるまでに日数がかかってしまいますから注意しましょう。住民票や、印鑑証明書を身分証明とする場合には、発行から2ヶ月以内の物ではないと使用する事ができないような場合もあります。銀行でのおまとめローンの契約の場合には、まずは口座開設をしなければいけないような場合もありますから、口座開設までにかかる日数も、ローンの契約の日数にプラスしておくことが大切となります。