奨学金返済を滞納するとどうなるか?

 

お金を借りたい
学生の間に借りることが多い奨学金。
奨学金は学校に行きたいけど経済的な理由で難しいという際に利用するものです。
これは高校や大学だけでなく、専門学校でも奨学金があります。
また社会人となった後でも奨学金の申し込みは可能なので、社会人になってから学校に行くときでも申し込み
可能ですよ。
この奨学金は借りる額がとても大きいです。
学費というのはとても高いものです。
最低でも二年間は学ぶことになるので、100万以上のお金がかかるのです。
ですので奨学金はそれくらいのお金を借りることになり、そのお金は社会人となった後に返済していくことと
なります。
返済額は決められているので、その額を毎月返していくことになります。
しかし就職率が低い今では、奨学金を借りても返済できない人も多くいます。
返済が遅れた場合、まずは電話と文書で催促があります。
一月遅れた程度であれば文書での催促のみとなりますが、一月以上の遅れがある場合は電話での催促と

なります。
電話は本人が出ない場合は勤務先にかかってくることもあります。
長期において延滞した場合は法的な手続きをとられてしまうので注意が必要です。
まずは支払督促予告で、次に支払督促申立、次に仮執行宣言付督促申立、最後に強制執行となります。
裁判所を通じての手続きとなりますので、返済はきちんとしておくことをおススメします。
もし遅れていることがわかったら、すぐに借りているところに電話をしましょう。

 

>トップに戻る