お金借りたい!金利安いキャッシングについて

 

お金が借りられる

お金を借りるとなれば銀行や消費者金融がありますね。
お金を借りる際には必ず金利がついてくるので、できれば金利が安いところで借りたいもの。
金利が安いと言えば銀行があります。
銀行は消費者金融に比べて最大の金利でも低く設定されているので、少額の融資でも金利が少なく済むのです。
しかし銀行の融資を受けるのはとても難しいことだとされています。なぜなら金利が低い分、審査に通りにくいからです。
お金を借りるには安定した収入や勤続年数によって審査が受かるかどうかは決まりますが、銀行はその基準がとても厳しいのです。
ですので消費者金融の方が比較的利用しやすいです。
20歳以上で少額でも安定した収入があればOKともされているサービスもあるので、審査が不安な人は消費者金融で借入をした方がいいでしょう。

目的別にお金を借りるならこちら

無利息

↑短期で借りるなら無利息サービスのあるキャッシングがあります

 

即日融資

↑すぐに一刻も早くお金を借りたい方はこちら

 

 

低金利

↑低金利のキャッシングはこちらです。

 

 

銀行系

↑銀行系でお金を借りるならこちらがおすすめです

 

 

おまとめ

↑複数社から借りているのであればおまとめがオススメです。

 

 

人気

↑人気のあるキャッシングをランキングにしました。初めてならやはり大手が安心ですよね

 

お金借りる場合の金利安いキャッシングはこちら

一押しのアコムやプロミスは銀行系カードローンに比べると金利が高くなっています。
ただし、借り入れまでのスピードなど銀行系カードローンに比べメリットが大きい上、30日間無利息サービスがあります。30日以内に返済する予定のあるキャッシングなら銀行系よりも断然おすすめです。

 

 

アコム
アコム

 

アコムはTVコマーシャルでもおなじみですから、安心感がありますよね。
来店不要で最短1時間融資も可能!
3秒診断や融資のスピード、豊富なATMなど充実したサービスが整っています。
パート・アルバイトの方でも一定の収入があれば審査の上、融資可能です。
全国のアコムの支店やアコムATM、銀行やコンビニATMでいつでも利用できます。※提携CD・ATMの詳細についてはアコムのホームページでご確認下さい。

 

>アコムの公式サイトはこちら

実質年率

借入限度額

審査時間

 

3.0%〜18.0%

 

1万円〜800万円

 

最短30分

※平日14:00までに契約完了で即日振込可能(審査結果による)

 

 

プロミス

SMBCコンシューマーファイナンス株式会社(プロミス)はスピードが早いのが特徴。
審査結果は最短30分で分かります。
こちらもWeb申し込みですべて契約手続きも完了するので来店不要です。
web契約完了後22時(一部21時)までに契約機に行けば、当日振込も可能です。
30日間無利息サービス(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)がありますので、給料前にちょっと足りないといった場合には、無利息で借りられるからとても助かります。
詳しくはプロミス公式サイトをご確認ください。

 

>プロミスの公式サイトはこちら

 

実質年率

借入限度額

審査時間

4.5%〜17.8%

1〜500万円

 

審査結果は最短30分で分かります。

 

 

 

 

みずほ銀行カードローン「コンフォートプラン」
みずほ銀行

 

メガバンクの本格的カードローンの登場です。
消費者金融ではなく銀行カードローンなので金利も安いのが特徴で安心したい人にはおすすめのカードローンです。
最短即日利用が可能で24時間申込受付中!
みずほ銀行の普通口座開設不要で利用可能です。

 

>みずほ銀行の公式サイトはこちら

実質年率

借入限度額

審査時間

4.0%〜14.0%

1,000万円

最短即日利用可能

お金借りる 金利安いキャッシングを比較 

金利の計算方法

 

金利は借入の際に必ず付いてくるものです。今は一部消費者金融で金利が0になる無利息キャッシングなどのサービスも行っていますが、基本的には金利は避けて通れないものです。
毎月の支払の際に一緒に払う物なので、この金利は必ず覚えておきましょう。金利のことを考えて返済していかないと、いつまでたっても借金が中々へらない…ということになりかねません。

 

毎月の返済は借りた分のお金+金利を返済していくことで効率よく返済できますよ。

 

この金利は自分自身で計算して算出する必要があります。契約の際にあなたの金利は○○円ですと言われるわけではありません。

 

計算はとても簡単なので、ぜひ自分の金利を計算してみてくださいね。

 

計算に必要なのは借入額・実質年率・借入日数の3つ。

 

そして計算式は借入額×実質年率÷365×借入日数=利息となります。

 

例えば10万円を30日間借りたとします。その場合は100000×18.0%÷365×30の計算式に。

 

実質年率に関しては契約書に記載されていると思うので、そちらで確認してください。

 

上記の計算式の答えは1479円です。

 

この計算式で算出された答えは毎月の利息額です。

 

毎月の返済+この金額というわけですね。
電卓を使えば簡単にできる計算なので、借入中の人はぜひ一度計算してみてください。

 

お金を借りる際、低金利キャッシング業者が増えています。今までは銀行が低金利と言う印象がありましたが、今は銀行以外にも低金利のキャッシング業者が増えています。特に、銀行系のカードローンは比較的金利が安く借りられるでしょう。
低金利のキャッシングはサービスにもよりますが、金利が3パーセントくらいから借り入れをすることが出来るので、とても安い金額でキャッシングを利用することが出来るでしょう。また、お金を借りる際、低金利キャッシングは下請けがしっかりとしているので、様々なサービスに対応している企業がたくさんあります。
レディースキャッシングや学生キャッシング等、初めてキャッシングを利用する人でも安心して利用できるシステム等もご用意しています。
プロミスなどは30日間利息無料というサービスもある程です。
低金利のキャッシング業者は限られていますが、信頼性の高い良い企業がほとんどです。キャッシング業者に迷ったら、低金利のところを選びましょう。

即日で借りたい

お金を借りるには金利は高い場合もありますが、一部の消費者金融では無利息期間がついているサービスもあります。
それを利用すれば無利息期間内は利息がつかないのでお得に借りることができるというわけです。
このサービスを実施しているのはアコム・新生銀行カードローン レイク・プロミスです。
アコムとプロミスは30日間の無利息サービスを提供しており、新生銀行カードローン レイクでは30日と180日の無利息サービスを提供しています。
いずれもお金を借りる際の借入限度額が低く設定されているので、少額の借入で期間内に返済できるという時におすすめです。
またこのサービスを利用するには条件があります。
アコムと新生銀行カードローン レイクでは初めての利用に限ります。
プロミスではメールアドレスの登録とWEB明細の設定、初めての利用に限りサービスを受けられます。
この期間内を過ぎても返済が終わっていない場合は利息がつきます。
上記にも書いた通り、消費者金融の利息は高く設定されています。
なので少額の借り入れで期間内に借りたお金を返せるという場合のみ消費者金融を利用するといいでしょう。
高額の借入で長期の返済となる場合は銀行での借り入れをおすすめします。
借入額が高くなればなるほど金利は低くなっていくので、その分負担も軽くなりますよ。
銀行でお金を借りる場合は、事前に収入証明書を用意しておきましょう。
ほとんどの銀行ではお金を借りるための審査に、収入証明書と身分証明書が必要となります。
身分証明書に関しては普段から財布に入れている人が多いと思うので問題ありませんが、収入証明書は事前に発行してもらう必要があります。

会社でもらう源泉徴収票でも区役所でもらえる所得証明でもどちらもOKです。
用意できる方を用意しておくといいでしょう。

お金を借りる場合の金利について詳しく解説します

お金借りる

あなたはお金を借りたいと思った時、どんな点を重視して金融機関を選びますか?審査に通りやすい、貸付の条件が良いなど様々な点があると思います。ここでおすすめしたい点は、金利についてです。
お金の金利は各会社によって設定がバラバラ。高く設定しているところもあれば、低く設定しているところもあります。
金利ってそんなに借入に関係あるの?と疑問に思う人も多いと思うので、これから金利について詳しく説明していきましょう。
今後の借入の参考にもなるので、ぜひ見てみてくださいね。

 

ではまずは金利とは何かを説明します。金利とはお金を借りる際に必ずつくものです。消費者金融の中には一定期間無利息というサービスもありますが、これは一部の会社だけのサービスです。

 

ですのでお金を借りるには基本的に金利は必ずつくものと思っておいてください。

 

金融機関からお金を借りる際についてくる金利は、簡単に言えばレンタル料のようなものです。借りることで発生するお金ですね。
このレンタル料を金額に計算し直すものが金利と言います。金利は%で表示されているので、これを計算式に当てはめて年間どれくらいのレンタル料が発生するかを知ることができるのです。

 

この金利についてですが、利息と呼ばれることもあります。
なのでどちらも一緒なの?と思われるかもしれませんが、これは別物です。

金利は%で表示され、計算しなければレンタル料はわかりません。しかし利息はレンタル料そのものを表示しているので、計算し直す必要がないのです。また利子という言葉を耳にしたことがある人も多いと思いますが、利子と利息は一緒の意味となっています。

 

お金の金利についてはお分かりいただけたでしょうか?

 

では次はお金の金利の計算の仕方について説明します。

 

金利は基本的に年率です。
つまり計算式で出された金利は、月々ついてくる金額ではなく年間でかかる金額ということ。
この計算に必要なのは、借りている金額・金利です。

例えば10万円を一年間借りたとしましょう。

そして金利は18%に設定されているとします。そうしたら計算式は、10万円×18%=1万8000円となるわけです。
つまり一年で11万8000円を返済すれば、完済ということです。とても簡単なので、誰でもすぐに計算することができます。ただ上記を見て分かるように設定されている金利が必ず必要です。これは契約時に説明されると思いますが、ほとんどの人は聞き流しているかもしれません。その際は再度確認しておきましょう。上記の計算式で見てわかるように10万円借りて、それが一年たつだけで1万8000円増えるというのは少し損した気分になりませんか?

 

誰でも金利は払いたくない物。それが高くなれば高くなるほど嫌になるのも当然です。しかしこれが金利が低くなったと考えればどうでしょう。もし上記の条件で、金利が14%に設定されていたら利息は1万4000円で済むのです。

 

これは10万円での借り入れ例なので、そこまで大きな差はないと感じるかもしれません。しかしこれが100万円の借入となるとどうでしょう?100万円で18%となると、一年で利息は18万円にもなります。
しかし14%の場合は14万で済むのです。こうしてみると大きな違いであることがわかると思います。

 

ですので金利は極力低い方が返済の負担も軽くなります。
返す金額が少なければ少ないほど返済も早めに終わるので、低金利の大切さがおわかりいただけたと思います。
お金の写真

 

では低金利の大切さをおわかりいただいたところで、どんなところなら低金利で借りることができるのかを説明します。
上記に書いたように金利は金融機関によっても違いますし、各会社によっても設定が違います。
ですので低金利のところで借りたいと思ってもすぐには見つけることはできないでしょう。
いくつかの会社を比較していくしかありませんので、少し時間がかかってしまうのです。まず金利は上限が定められています。

 

上限は18%となっているので、それ以上の金利を設定しているところはありません。
返済を遅らせた場合は遅延金が発生し、それにかかる金利は20%となっています。
しかし通常であれば18%が基本です。この上限ギリギリの金利を設定しているのは消費者金融が主です。
いくつかの消費者金融のサイトなどを見たことがある人はわかると思いますが、消費者金融は18%に設定しているところばかりです。
ですので消費者金融では低金利でお金を借りることは難しいと考えておきましょう。

 

銀行は消費者金融よりも金利を低く設定しています。大体が約14%程度の金利となっているので、消費者金融に比べると4%も低く設定しているのです。

 

その分返済も楽になるので、低金利と言えば銀行と考えておきましょう。
ただこの金利は、借りたお金の額によって変動します。
もし高額の借入の場合は金利もぐっと低く設定されるので、消費者金融でも低金利でお金を借りることは可能となります。
借りる額によっては消費者金融でも構いませんが、少額の借入の場合は銀行がおすすめですよ。

 

 

では銀行の金利について紹介しましょう。

銀行の金利は上記で述べたように、低金利で設定されています。ほとんどの銀行が4%〜14%という金利を設定しています。
しかし中には3%のところもあったりしますので、この場合は高額の借入になればなるほど金利も低くなります。
ですのでお金を借りる額によって会社を決めるといいでしょう。またもっと低いところであれば2%以下の金利を定めているところもあります。
金利の低いところを見つけるのは大変なことですし、いくつかを比較するのも時間がかかりますよね。そんな時は複数の銀行の貸し付け条件や金利などを表示しているサイトを参考にしてみましょう。
たくさんの会社を一度で比較できますので、複数のサイトをめぐるなんてこともありませんよ。

 

 

 

続いて消費者金融の金利についてです。

消費者金融は銀行に比べるとやはり高めの金利となっています。
大体の会社は4%〜18%となっています。

 

ここで「ん?」と思った方もいるのではないでしょうか?

 

実は消費者金融の最低金利、銀行とさほど変わらない場合もあるんです。
一部の銀行では最低金利を4%に設定しているところがあります。そして消費者金融も一部は4%に設定しているのです。

 

これならどちらでお金を借りるにしても一緒ですよね。

 

上記に書いたように少額の融資となると上限金利が設定されるので、その場合は銀行の方がお得です。
しかし高額融資を希望する場合は、銀行と特に変わりないことも。ですので高額の融資の場合は消費者金融を検討してみてもいいですね。

 

いかがでしょうか?金利の大切さ、そして低金利で借りるならどこがいいかがおわかりいただけたと思います。

 

低金利のことを一番に考えるのはとてもいいことです。
なのでそれならお金を銀行で借りようと考える人も多いでしょう。
ただその際に覚えておきたいのが、銀行は審査が厳しいということ。これはどこの銀行もそうなので、簡単にお金を借りることはできないと思っておきましょう。それとは逆に消費者金融のほうが比較的使用しやすくなっています。
つまり銀行よりも利用しやすいということ。
少額の融資を希望するなら高い確率で審査に通るでしょう。
しかし高額の融資となると消費者金融でも審査は厳しくなります。ですので金利が低く設定されているものほど審査は通りにくいと思っておきましょう。

 

ただ特に悪い情報などがなく、20歳以上で安定した収入があれば審査に通る確率は高くなります。ですのであまり心配せずに、まずは申し込んでみましょう。

14時以降にお金を借りるには

 

すぐにお金を借りたいと思ったら、即日融資のサービスがおすすめです。

 

即日融資ならその日のうちに借りることができますので、急な出費に便利なサービスとなっています。
ただこの即日融資で気を付けておきたいのが時間について。
振り込みには制限時間があり、平日の14時を過ぎると翌営業日の振り込みとなってしまうのです。
ですので14時までに審査を終わらせておくことが重要となります。(サービスにより異なります)

 

しかし急な出費がわかったのが14時を過ぎていたらどうでしょう。

 

その場合はすぐに申し込んでも振り込みに間に合いませんよね。

 

その時は無人契約機を利用してみてはどうでしょうか?
無人契約機は夜の21時頃まで営業しているところがほとんど。審査に通ればその場でカードを発行してもらえますし、その場でカードを使って借入することもできます。
とても便利なものなので、平日の14時を過ぎている場合は無人契約機を利用しましょう。無人契約機を利用する際は、運転免許証などの身分証明を必ず持っておいてください。
身分証明ができなければその場でカードを発行してもらえませんので、注意してくださいね。
またネットから申し込みをしておいて、審査に通っていればその後無人契約機に行ってカードを発行してもらうこともできます。カ
ードがあれば無人契約機や提携しているコンビニのATMでも利用できますので、そちらも利用してくださいね。

お金を借りる前に知っておきたい金融法令

お金を借りる前に知っておきたい金融法令(1000文字。お金を借りる際は様々な金融法令が関わってきます。これは借りる側にとっても大事な法律なので、お金を借りる前に知っておきたいものです。


。ここでは借りる前に知っておくことで役立つかもしれない情報を紹介します。

まずは利息制限法と出資法です。これらはお金を借りる際の金利に関する法律です
現在は利息制限法が借入に適用されており、20%を超える金利での貸し付けは違法となっています。もし20%以上の金利で貸し付けている業者がいたら、それは闇金の可能性が高くなります。
。警察などに相談して指示を仰ぎましょう。
。次に消費者契約法です。これは消費者金融と一般人のお金の貸し借りに関する法律です。この法律では貸し借りに関して消費者に不利益がないように定められている法律なので、借りる側にとっては大事な法律です。

借りる側も法律によって守られていることになるので、この法律があれば安全に消費者金融から借入を行うことができるのです。

そしてお金を借りる際に最もかかわる法律と言えば総量規制でしょう。これは絶対に覚えておきたい法律の一つなので、借入の前にチェックしておいてください。

この総量規制とは、年収の三分の一までしかお金を借りることができないと定めた法律です
複数の会社で借金をしてしまい、多重債務になって苦しむ人が増加したことからこの法律が定められました。
総量規制があれば多重債務になる確率もグッと減りますし、返済が困難になるほど借りることもできません。

ですのでこの総量規制は借りる側にとっても借りすぎを防止してくれるありがたい法律と言えます
しかしこれは総量規制の対象となるものだけです。総量規制の対象となるのは消費者金融での借り入れです。
。銀行は総量規制の対象とならないため、銀行から高額の借入をすることはできます。例えば銀行で高額の借入をして借りられなくなったから消費者金融で総量規制のギリギリまで借りる。

これをしては当然多重債務の一歩手前です。後々返済が困難となり、返済ができなくなって自己破産・・こんなことも珍しくありません。

お金は日々に必要な物ですが、必要のないお金まで借りるのは止めましょう。

これを心がけるだけでも多重債務になる恐れは少なくなります。
これらがお金を借りる前に知っておきたい金融法令です。お金に関することは非常にシビアな問題です。
法律を知っておくことで対処できる問題もありますので、借りる前に予備知識として覚えておきましょう。

 

特に総量規制は借入に深くかかわる法律なので、覚えておいてくださいね。

金利が安いことで気を付けること

ATM手数料変更になってきました

日本銀行が2016年にマイナス金利政策を実施してかなり経過しました。
この間に実は、ATM(現金自動預払機)を利用する際のの手数料を見直す銀行が相次いでいます。
これまで無料だった手数料が有料になる場合もありますので、気をつけましょう。

 

銀行の利用者優遇サービスの条件が変更されたことでこれまでと変わってきています。
例えば、みずほ銀行では、これまでATMで朝や夜などにお金を下ろすと、通常108〜216円の出金手数料が、月末時点で預金残高10万円以上であれば手数料無料となる優遇がありました。
これは夜にお金が必要になった場合には便利でした。
でも、その条件が2016年12月に変更され、残高が30万円以上に引き上げられました。

 

一方、みずほ銀行で給与を受け取っている人であったり、25歳未満の学生などだと、残高にかかわらず新たに優遇の対象となっていましたが、全ての利用者に2017年6月までのネットバンキングの登録が必須になりました。

 

また、三井住友銀行も2016年秋、平日のATM時間外手数料の優遇が廃止になりました。

 

これまでは預金残高10万円以上で無料だったのが、残高に関係なく1回108円かかるようになりました。
ただ、これはネットバンキング契約者で、給与受取口座にしたり住宅ローンを借り入れたりすれば、無料のままになります。

 

さらに、ATMを使った口座間の送金手数料を無料としていたゆうちょ銀行も、2016年10月から月に4回目以降は有料に変更となりました。
これらは全てマイナス金利実施後に増えています。
なぜかというと、この背景にはマイナス金利で利ざやが縮小したため、銀行の収益を圧迫しているからなのです。
このため、他の収益源として手数料からの収入を上げようという流れになっているのです。

 

 

目的別ランキングに戻る

 

>おすすめのキャッシングランキングに戻る

 

 

金融庁のホームページはこちら
日本貸金業協会のホームページはこちら

 

お金借りる 金利安い

お金を借りる時は必ず金利がつきます。
この金利は元金と合わせて返済していく必要があるのですが、そうであれば金利が安いところで借りたいものですよね。
金利が安いと言えば銀行があります。消費者金融は法律で定められている上限ギリギリの金利を設定しているので、どこも金利が高いと言えるでしょう。

 

しかし銀行であれば消費者金融よりもかなり低く設定されているところが多いので、金利が安いところと言えば銀行がいいでしょう。

 

ただ銀行の審査は消費者金融よりも審査が厳格なようです。
なので少しでも不安な点がある場合は諦めて消費者金融の方がスピーディーなので便利かもしれません。
これまでに特に金融事故がなく、収入も安定しているのであれば審査に通る可能性は高いと言えます。

 

もし少し不安な点があっても、まずは申し込みだけでもしてみることも大事です。

 

最初に銀行で受けてみて、落ちた場合は消費者金融という方法でもいいですね。

 

もし借りてから一か月以内に返済できるのであれば、無利息期間のついているサービスもおすすめです。

 

これはその消費者金融の利用が初めてに限るのですが、無利息期間のある消費者金融はいくつかあります。ここで紹介したアコム、プロミス、新生銀行カードローン レイクなどがどうです。どの消費者金融も利用したことがないのであれば、そちらを利用した方がお得ですよ。

 

 

更新履歴